メールでのお問い合わせ

親子留学体験者の声

みなこさん

■渡航先:フィリピン(セブ)
■学 校:語学学校
■宿 泊:語学学校の寮
■期 間:3週間
■お子様:5歳/8歳

授業について感想は?

英語の基礎学力をある程度つけて臨まなければ授業についていけないのではないだろうかと心配でした。初日のレベルチェックテストがとても難しく感じて早くもくじけそうになりましたが、せっかく英語を学ぼうとやってきたのだからと気を取り直して授業に参加しました。
最初は先生が私に何を聞いているのかさえ分からず、質問の返答もすべて英語なので戸惑いましたが、先生はわかりやすい単語をつかい、私が理解できるまで説明して下さりました。
答えられるので理解できるまで英語で説明されます。面白い事にこの英語での説明がだんだん理解できるようになってくるのです。
はぼ毎回この繰り返しを行い、カリキュラム、テキストの進め方もマンツーマンレッスンの為、自分のレベルに合わせてもらえますし、どんどん積極的に質問し、取り組むことができました。

お子様はどの様な授業でしたか?

子供も1日3コマのマンツーマンレッスン授業を受けました。3コマと言っても休み時間も面倒見てくれるので自分の授業が終わるまでほぼ預けたままでした。
大人同様にマンツーマンで、先生と2人だけでお絵かきをしながら会話を進めていきます。まさに「英語で話せざるを得ない環境」です。もちろん居眠りもできません(笑)。
先生の話を理解しようと一生懸命耳を傾けますし、自分も英語で意思を伝えようと頭も体もフル回転させるので、「体で英語を覚える」ことになります。 先生の方も慣れているようで、子供を飽きさせない工夫に感心しました。 欧米などの留学先では、座学スタイルのグループ授業が大半で英語で発言する機会は少ないと聞いたことがあります。多人数の授業ではここまで体と心を集中させて英語と接することはしなかったと思います。

授業の悪い点は?

授業内容のことではなく、土日が連休の為、自分に厳しくしないと週末は全く英語を話さなくなるという点は問題だと思います。
ショッピングなどに積極的に行き、店員さん達と会話をして楽みましょう。
スターバックスなどのカフェでも、日本人だと解ると結構話しかけてくれます。

学校周辺の治安は?

1人で散策できるほど安全ではないと聞いたので、イメージは悪かったのですが、道を歩っていて危険を感じることはありませんでした。日本で生活していても同じですが自分自身で気をつけて通常の行動をしている限りは必要以上に警戒する必要はないと思いました。
日本ではないことと、経済の違いを意識することが大事だと思います。
学校の門にはカードマンが24時間体制で居て、困った際には助けてくれますし、おしゃべり相手にもなってくれます。

寮での生活(食事、部屋設備、洗濯、掃除)、また、学校外での生活はどうでしたか?

食事も辛い味付けがないので、子供にも食べやすい味付けです。
ふりかけや味ぽんを持ってきてる方がいました。
念のため持参されることをおススメします。

お部屋も質素ながらも清潔でシャワーもお湯がキチンと出るので快適に過ごせました。 ハウスキーピングスタッフはとても親切で、週5日は清掃に入るので常に清潔ですし、トイレットペーパーも補充してくれるので自分で買う必要はありません。
洗濯も週3回、クリーニング屋さんが学校内にあるので、本当に身の回りのことをやる必要がないのでとても快適でした。 放課後はなるべく部屋にこもらずに、ラウンジや図書館などで他の生徒や学校のスタッフさん達とコミュニケーションを行い、会話力を養えます。

日本人スタッフの方が一人いて、いつも何かあったら助けてくれます。私達もとてもお世話になりました。

親子で留学して何が良かったですか?

家事をしないので、その分の時間を子供との時間や英語の勉強にと有効に使えました。
生活面について物価も安く非常によかったです。
勉強で疲れた頭・体をリフレッシュするためのマッサージ1時間200~300ペソ 日本円で400円~600円でした。

洋服や靴に関してですが、学校近くに(マクタン島)にはショッピングモールが2つあり、日本と比べるとものすごく安いです。 現地で調達するぐらいでいいと思います。服よりも、ノートや文房具、自分に合ったテキストなどを持っていかれることをおススメします。 子供用のテキストですが、学校で配られる物も良いですが、子供が好きなディズニーキャラクターなどのテキストが安く売っていますので、購入して授業に持っていくと、積極的に使ってくれます。

セブモール(セブ島の巨大ショッピングモール)まで行くと、子供の遊び場所が充実しています。日本で公園に行く感覚で、ほぼ毎日夕方から出かけて遊んで帰ってくるコースでした。

タクシーはドライバーがメーターを使わず多めに料金を請求してくるケースもありますが、くじけずに英語でドライバーと交渉しました。
参考までに、セブモール(セブ島の巨大ショッピングモール)⇔学校(マクタン島)まで30分程度で150~200ペソ 日本円で300円~400円でした。 料金を多めに取られる場合でも、350~400ペソ(日本円で700円~800円)ですので、安心して下さい。
学校から乗る場合は、ガードマンに行く場所を伝えるとタクシーの運転手に伝えてくれて、タクシーの番号等を控えておいてくれますので、安心して乗れます。
学校に戻る場合は、ドライバーにメーターを使う様に乗る前に言うか、降りるときに多額を請求された場合にお金を支払わず、まず一度学校のガードマンを呼びます。後はガードマンが解決してくれます。
当然ですが、不正請求は違法ですので、運転手は簡単に引き下がります。

この対策は、事前に日本のエージェントの方から聞いていたので、助かりました。

最後に、これから留学されるみなさんへ

英語圏への留学を考えている人は、ぜひ一度フィリピン留学を経由していくことをお勧めします。優しいフィリピン人先生に、初歩から親切にマンツーマンで教えてもらえますよ。

帰国後、私のママ友達から、こう言われました。
「以前オーストラリアに留学してたけど、今思うと失敗だったかも。
毎日グループ授業で、1日4時間しか授業がないのに、半年で150万円近くかかったよ。
私もフィリピンにすればよかった」
マンツーマンでたっぷり授業を受けていた私には、衝撃でした。
滞在中、家事から解放された生活と子供との時間を英語で楽しみたい人は、ぜひ行ってほしいです。
親子共に、短期間でたくさんのことを吸収できると思います。

次の記事

当プランをご検討されている方へ。
お問い合わせいただいた方に概算見積もりをお出ししています。
概算の見積もりとなるため、正確な金額ではありませんが、
ご検討材料にご活用ください!

今すぐ見積もり!

お電話でもご相談を承っております。
03-5761-6998 まで

日曜・祝日もオープン
03-5953-8660
【営業時間】10:00~20:00
東京オフィス
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-14-2 池袋2丁目ビル2F

姉妹サイト

style earth
英語×幼稚園