ホーム > 世界一周中

世界一周中

タシケント・日本に帰国できなかった人たち

タシケント・日本に帰国できなかった人たち

世界一周ブログランキングで最近クリックしてくれる人が多くて、とってもありがたいなと思うイクエです。 読者のかたには何の利益にもならないのに、わざわざクリックしていただきありがとうございます!!  ブログの書き甲斐があります。 フェルガナ盆地を旅したイクエとケンゾー、そしておかあ。 2週間3人で旅をしたけど、ついに明日おかあは日本に帰る。 首都・タシケントに戻って最後に3人で泊まる宿はバックパッカー御用達の宿、グルナーラ。 中庭にテーブルがあってくつろげるようになっている。 朝食、エアコン、Wi-Fi付き、3人で150000スム(約6000円)。 バッ...

2013年08月22日 05:48

日本が大好きなウズベキスタンの子どもたち

日本が大好きなウズベキスタンの子どもたち

おかんが持ってきてくれた日本食もほぼ食べつくしてしまった。 トリを飾るのはさきイカと日本酒! ため息が出るほどうまかー! 日本人に生まれてよかったとしみじみ思うケンゾーです。 リシタンにある日本語学校「NORIKO学級」。 ウズベキスタンにエンジニアとして赴任していた大崎さんが、現在代表をしているガニシェルさんと共に1999年に開校した日本語学校だ。 学校と言っても堅苦しいものではなく、遊びをとおして日本語に触れ学んでいく地元の子どもたちの憩いの場のようなもの。 門をくぐると太陽がたっぷり降り注ぐ素敵な中庭が。 鮮やかな青が特徴的なリシタンの陶器がそこか...

2013年08月21日 06:22

日本語を話す子どもたちがいる街へ

日本語を話す子どもたちがいる街へ

夫にパンツを洗ってもらっている間、コーヒーを飲みながらブログを書いているイクエです。 イクエとケンゾー、そしておかあ。 ウズベキスタンの北東部、フェルガナ盆地にまで足を伸ばした一番の理由。 それはノリコ学級を訪問すること。 ノリコ学級というのは、日本人が創立した日本語学校。 日本語学校と言っても、休暇や放課後など通常の学校がない時間に地元の子どもたちがやってきて、日本語を学んだり日本の遊びを楽しんだりする子どもたちの憩いの場、集いの場のようなところらしい。 日本語を教えることに興味がある人、ウズベキスタンを旅している人、子どもが大好きな人・・・誰でもここで臨時の先生にな...

2013年08月20日 05:54

シルクロードの絹の産地へ ♪

シルクロードの絹の産地へ ♪

人懐こくてとても友好的な中央アジアの人たち。 もっと会話をしたいけど言葉が全然通じなくてもどかしい毎日のケンゾーです。 ロシア語がすこしでも喋れるともっと中央アジアを楽しめるだろうなあ。 コカンの次の目的地はフェルガナ。 フェルガナ自体にはとくに見どころはないけれど、フェルガナ盆地の観光拠点となっている街だ。 バスでも行けるけれど、ちょっと楽をしてタクシーをチャーターすることに。 タクシーはホテル横のカフェのオーナーが捕まえてくれた。 フェルガナまでのチャーター、およそ1時間で1台30000スム(約1110円)。 この英語が話せるオーナーがいてかなり助か...

2013年08月19日 06:11

「コカン」という街に繰り出す

「コカン」という街に繰り出す

たった今しゃべってたのにすぐに寝ているケンゾーのとなりでブログを書いているイクエです。 それを指摘したら「病気かなあ」とつぶやいたけど、病気じゃないよ。 ウズベキスタンの主要観光地を旅したイクエとケンゾーとおかあ。 タジキスタン行きを急遽取りやめて、ウズベキスタンをたっぷり観光しようと決めた。 次に行く場所は見どころはそれほど多くない北東部のフェルガナ盆地。 その国を知るには少なくとも2週間くらいいて、いろんなところに行ったほうがいいからまあこれもいいか。 まず目指すのはフェルガナ盆地のコーカンドという街。 『地球の歩き方』には「コーカンド(コカン)」と表記されて...

2013年08月18日 05:45

ウズベキスタンでバリうま韓国料理!

ウズベキスタンでバリうま韓国料理!

緑に覆われたガーデンにたっぷりと太陽が降り注ぐ。 小鳥のさえずりをBGMにフルーツを食べる。 最高の朝だ。 きょうはツアー最終日。 なんでも、この集落の近くに大昔の壁画があるそうだ。 宿泊客のオーストラリアのおじさん3人といっしょに壁画ポイントまでトレッキングをすることに。 ヤギの集団に遭遇。 一目散に逃げるヤギもいれば、「お前なんだ?」とでも言いたげにじっとこちらを凝視するヤギもいる。 ふと、「もし自分がヤギだったらどっちのタイプになってただろう?人間に興味津々で凝視タイプかな?」なんてしょうもないことを考えながら歩いていく。 ...

2013年08月17日 06:05

3人で村生活 ロバに乗って散策

3人で村生活 ロバに乗って散策

まぶしい時、本を読む時、眉間にシワを寄せるのが小さいころからのクセですが、このシワが深くなってきて不安になっているイクエです。 イクエとケンゾー、そしておかあ。 3人でユルタ(遊牧民のテント)に泊まり、朝がやってきた。 イクエとおかあは開放感あふれる洗面台で顔を洗う。 ケンゾーはというと・・・。 まるでミイラのようになって二度寝している。 まぶしいからシーツで顔を覆ってるのかと思ったら、飛び交うハエが煩わしいからなんだって。 ラクダがいるし、あちこちに糞が落ちてるからハエたちがたくさん住んでいる。 でも、そこまでして二度寝したい?...

2013年08月16日 06:25

遊牧民の伝統住居にお泊まり ♪

遊牧民の伝統住居にお泊まり ♪

きのう河原の岩場でこけて膝とすねを擦りむいたケンゾーです。 持っていた一眼レフも岩で強打。 液晶がガリッと傷ついた程度で済んで、ショックだけどホッと胸をなでおろしてます。 ケンゾーに始まりけっきょく全員体調を崩してしまった3人旅。 ほんとはサマルカンドのあと陸路でタジキスタンにも行く予定にしていて、おかんにはタジクビザも取ってもらっていた。 だけど、サマルカンドから一番近い国境が現在閉鎖中であることが判明。 かなり移動して別の国境から入らないといけない。 しかもタジクは間違いなくウズベクよりも過酷な旅になることが予想される。 衛生状態も悪くなるだろうし、悪路での長時...

2013年08月15日 05:55

ウズベキスタン「サマルカンド」☆☆☆ 緻密は美しい

ウズベキスタン「サマルカンド」☆☆☆ 緻密は美しい

旅をしてまもなく1年が経つけれど英語のレベルはまったく向上してないイクエです。 英語がネイティブじゃない人たちとはレベルはあまりかわらないのでなんとか会話が成立。持ってきている単語帳を開こうとも思いません。アメリカに行けば必要に迫られて、少しは勉強したり新しい単語を覚えたりするのかなあ。 ウズベキスタンの観光地と言えばサマルカンド! ウズベキスタンってどこだっけ?って思っても案外サマルカンドは知ってるって人、多いんじゃないかな。 シルクロードの中心地だったところでいろんな異名をもっている。 「青の都」 「イスラム世界の宝石」 「東方の真珠」 そんなサマルカン...

2013年08月14日 06:22

下痢と発熱 中央アジアの洗礼に撃沈

下痢と発熱 中央アジアの洗礼に撃沈

足の人差し指が親指よりも長いことを、イクエから事あるごとに変だと言われているケンゾーです。 いやいやいや、そんなんおかしくも何ともないけん! これ別におかしくないやろ? きょうは中央アジアのハイライトであるサマルカンドへの移動日だ。 おかんは大の旅行好き。 海外にもしょっちゅう行っている。 もちろん旅先ではエアコンの効いた快適なツアーバスなどで移動している。 そんなごくごく普通の65歳のおかんが貧乏バックパッカーの移動を初体験だ。 といっても今日は肩ならし。 ブハラからサマルカンドまで列車、駅からホテル近くまで路線バス、以上。 列車もケンゾー...

2013年08月13日 06:24

新規ブロガー募集

スタイルアース 運営サイト

親子留学

親子留学

親子留学の専門エキスパート。親子留学にふさわしい学校・ホームステイ先を選定・アレンジ。

英語×幼稚園

英語×幼稚園

全国のインターナショナル幼稚園を一発検索!!